業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年02月18日 [FAQ]

個人で不動産を売ることはできる?

親から相続した不動産をいくつか所有していて、これまでは特にお金に困っていなかったし、毎月賃料が入ってくるマンションもあったので、売らずにそのままにしていました。
しかし今回事情があって、まとまったお金が必要になり、お金を生み出さない土地を売却しようを思っているのですが、不動産会社に依頼すれば、土地の価格もかなりすることもあって、高額な仲介手数料をとられることが分かりました。
買い手がすでに決まっているわけではありませんが、まだ時間にも余裕があるので、まずは自分で買い手を見つけてみようと考えているのですが、個人で不動産を売ることはそもそも可能なことなのでしょうか?
できる場合は、その際のメリットやデメリットも教えていただけるよう、よろしくお願いいたします。


回答

個人での売買は可能だがデメリットが多い。


個人で不動産を売却することは可能ですが、そうなるとデメリットの方が多いため、一般的には不動産会社に仲介をお願いすることになります。
個人で不動産を売る場合のメリットは、ご心配のように高額な仲介手数料が発生しないことに加えて、消費税も節約することができることです。
不動産売買においては、物件価格には消費税はかかりませんが、手数料に対しては消費税が発生することになるので、個人で不動産の売買を成立させた場合、物件の価格が高額なほど相当な費用を節約することが可能となります。
不動産会社を通さないデメリットは、不動産会社を通すより、自由に売却のための活動はできますが、素人が当てのない買い手を見つけることは至難の技で、買い手候補が見つかった場合でも、取引の途中でいろいろなトラブルが起きることが、不動産取引では良くあることです。
例えば価格に関しては、不動産会社に依頼した場合は、間に入って双方の希望を含めて取りもってもらえますが、売主が直接不動産を売る場合は、価格交渉も直接行うため、クッションがなくなりトラブルが起きる確率がかなり高まります。
不動産会社を間に入れない最大のメリットは、売買契約書や重要事項証明書などの面倒な書類を自分で用意しなければいけないことです。
不動産の売買契約書の書面は基本的には自由とはいえ、素人が必要事項を把握して、書面を作成することはかなり困難なことです。
さらに、不動産の売主には瑕疵担保責任があるため、不動産会社を間に入れないと、取引が成立した後でも高額な賠償金を請求される可能性も高まります。

PageTop