業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年10月23日 [FAQ]

不動産投資をはじめる際の注意点とは?

老後の生活を豊かにするために、以前から資産運用には興味がありました。
これまでも予算を決めて、その範囲で株式投資やFXなどをやってみましたが失敗続きで、やはりギャンブル性の高い投資だと、私の場合は資産を減らすだけだと悟り、もっと固めの資産運用を求めて、不動産投資をはじめることに決めました。
株式やFXについてもっと勉強すれば、成果を出すこともできるのでしょうが、私の場合は下手に儲けを出してしまうと、調子に乗って大勝負に出てしまうことを自分でもよく理解しているので、老後にそのような事態になったら生活を豊かにするどころではなくなるので、今のうちから安定性の高い不動産投資に完全にシフトしてしまうことにしました。
もちろんマンションを一棟丸々購入できるだけのお金はないし、それを銀行から借りる信用もないので、まずは中古マンションの一室を購入しようと考えているのですが、マンション投資をはじめる上での注意点や、メリットやデメリットを教えてください。


回答

空室リスクがマンション投資の一番の注意点です。


マンション投資をはじめる場合、まずは利回りがどのくらいになるかを考えましょう。
利回りとは、投資した元本がどれくらい増えたかを示す割合のことで、一般的には1年あたりの平均利回りのことを指します。
利回りには表面利回りとネット利回りがありますが、投資家にとって大事なのはネット利回りで、マンション投資の場合は、毎年投資物件を維持していくための費用と、購入時かかる初期費用、そして売却時にかかる売却費用のこともきちんと考えて投資をしなければいけません。
マンション投資をしたことがない方では、そのような費用がかかるのかを100%把握できないと思うので、物件選びを依頼する不動産会社に、利回りの計算方法も含めて、きちんと相談することをおすすめします。
ローンを組んでマンション投資をはじめる場合は、住宅ローンよりも金利が3倍ほど高くなるので注意が必要です。
それよりも注意が必要なのが、空室リスクです。
マンション一棟を購入した場合は、全部屋空室になるリスクは少ないですが、1室への投資だと、空室になると収入が0になってしまい、空室の間はローンの返済が投資家の大きな負担になります。
マンション投資のメリットは、毎月決まった収入を得られることですが、デメリットは空室リスクと、年々物件の価値が下がっていくことです。

PageTop