業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年09月18日 [FAQ]

大手不動産会社と地域密着型の不動産のどちらが良い?

これまでも、アパートやマンションを借りたことが何度かあったので、その都度不動産会社を利用してきましたが、正直賃貸の場合は利用する不動産会社で家賃が安くなったり高くなったりすることはないと思うので、どこに依頼すればいいかは気にしたことがありませんでした。
それにインターネットが普及してからは、物件探しは全てネットを通して行って、家にいながら目ぼしい物件があれば、そこに書かれている連絡先に電話をかけて、どこの不動産に繋がるかも分からない状態でアポイントを取っていました。
しかし、今回は賃貸物件ではなく、今後一生住むことになる可能性が高い一軒家を購入するので、きっと利用する不動産会社によってある程度購入価格も異なると思うし、どこを利用するかで見つかる物件も違ってくるので、慎重に不動産会社選びをしなければいけないと思って質問させていただきます。
私が住んでいる地域にも、目に付く限りでも不動産会社は複数あって、良く名前を聞くように大手と、ここにしかないような個人経営だと思われる会社を見かけるのですが、大手と地域密着型の小規模な不動産会社の、どちらを利用するのが正解なのでしょうか?


回答

複数から多くの情報を集めることをおすすめします。


大手不動産会社と、地域密着型の小規模な不動産会社のどちらを利用すれば正解なのかは、一概に断言することはできません。
なぜならそれぞれにメリットもデメリットもあるからです。
一般的に大手の場合は、取り扱いのエリアが広い分、抱えている物件数も多く、接客などの教育もしっかり行き届いている場合がほとんどのため、利用して不快な思いをする可能性が低いこともメリットです。
対して地域密着型の不動産会社は、限定したエリアの情報に詳しくて、大手が持たない掘り出し物の情報を持っていることが多く、物件のオーナーさんとのつながりも深い分、値段交渉がしやすいなどのメリットがあります。
地域密着型の不動産会社の中にも、大規模に営業している地域の中では大手と呼ばれる会社もありますので、そこだと大手不動産会社と地域密着型の不動産会社の両方のメリットを兼ね備えている可能性が高くなります。
もちろん不動産会社は何社も掛け持ちできるので、1社に限定しないで、複数社から多くの物件を集めることをおすすめします。

PageTop