業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月16日 [FAQ]

不動産投資の営業をしています。どうしたら不動産投資の魅力が伝わりますか?

投資家向けに、不動産投資の営業をしています。
不動産投資だけに限らず、投資全般の話ですが、詐欺やそれに準じるような商材が横行していることもあり、とても営業に苦戦しています。
よくみなさんも、夜遅くに「駅前の賃貸マンションの投資の件で…」なんて電話がかかってきたこと、ありますよね。
そういうお仕事なのですが、いい加減毎日毎日、電話でアポイントをとるのに疲れました。
私が成績を上げるためには、いったいどうしたらいいのでしょうか?
誰かアドバイスをください。

回答

電話営業よりも人と会う方が成約率は高いでしょう。


大前提として、あなたがいうように、日本ではまだまだ投資に対するイメージはよくありません。
というか、これから良くなることもあまり考えられませんね。
投資大国のアメリカの場合、ビジネスライクという言葉があるように、お金や契約に関してはとてもシビアです。
よく、プロ野球選手が、日本とアメリカの違いで、契約書の厚さという話をテレビでしますが、アメリカはとにかく契約社会なので、詐欺が起こりにくいという背景があります。(もちろん、詐欺師はいて詐欺もありますよ)
一方日本は、口約束とかで契約が成り立つくらい、契約に対しての意識が低いです。
なので、契約書もペラペラ。
大切なこともさらっとしか説明せず、いざ契約書を交わした後で重大なことを告げられる…なんて詐欺が横行しています。
なので、あなたがいうように、いきなり電話がかかってきて、投資しましょうなんていう人は、0.001%くらいじゃないですか?つまり、10000件電話して1人の確率くらいでしょう。
これじゃあ大変なので、まずやるべきは、人と会うこと。
投資に興味がある人を地道に探すのではなく、投資に興味がある人が集まるコミュニティや社交の場を探し、そこに足を運ぶ方がよっぽどたくさん提案の機会を得ることができます。
特に、投資をする人というのは、富裕層が多いでしょうから、そういうルートを1本掴めば、芋づる式につながっていきます。
すると、契約がどんどん取れるようになるはず。
このようなコミュニティを探し、そこに入り込むことは難しいかもしれませんが、毎日電話し続けるよりよっぽど効率は良いでしょう。

PageTop