業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月14日 [FAQ]

不動産の売買契約の注意点はありますか?

子供ができたので、これがよい機会だと思うので家を買いたいと考えているのですが、これまでに不動産の売買をしたことがないため、トラブルが発生してしまわないか不安な気持ちになっています。
そこで、不動産の売買契約をする際には、一体どのような点に注意をして契約をすればいいのか、気をつけるべきポイントについて教えてください。

回答

契約書の内容をよく確認しましょう


不動産の売買契約は契約書の内容にもとづいて行われるため、契約書に何を記載するのかがとても重要となり、どのような内容を盛り込むのかには注意するべきであり、契約を締結するまえにしっかりと中身をチェックしておきましょう。
不動産の売買契約は口頭による合意だけでも成立するのですが、実際には売買契約書を締結するべきとされており、そこに何を記載するのかは法的な義務があるわけではなく自由となっているため、記載内容の決め方は重要となるのです。
また、契約書の内容については、強行法規や公序良俗に違反するような内容は効力が認められないとされているため、著しくこちらが不利になるような内容については、契約そのものが無効となる可能性が高いため、その点は安心しましょう。
契約書においては売買代金の金額や支払い方法、支払い時期などが記載されているため、これらについてはしっかりと確認しておき、自分の希望通りの内容になっていることを確認してください。
また、不動産売買では手付金を設けるケースが多いため、手付金がどのように定められているのかをチェックすることも重要であり、契約を解除できる条件についてどんな記載のされかたをしているのか注意してチェックする必要があります。
所有権を移転する時期や登記、抵当権などの抹消などについても確認しておくことによって、あとでトラブルが発生する可能性を回避することができます。
基本的には、売買代金の残代金の支払いと引き渡し、所有権移転の時期や登記などはすべて同時に行うほうが望ましく、トラブルを避けやすくなるため、どういった取り決めになっているのかチェックしましょう。
また、土地購入については土地面積が重要となり、実際に測量をして確かめなければ登記上の面積とずれが生じていることがあり、この場合、土地の面積が登記簿上の面積よりも小さければ損をしてしまう可能性があるのです。
このように不動産売買の契約については、さまざまな点をチェックすることが大切であり、契約書の内容は自分にとって不利になっていないのか確認しましょう。

PageTop