業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月11日 [FAQ]

不動産購入でチェックすべきことはなんですか?

これから家を建てるための土地を買いたいと思っているのですが、土地を購入した経験がこれまでになく、どのような点に注意をすればいいのか知識を持っていないため、不安な気持ちになっています。
そこで、失敗しないためにも土地を購入する際にどんな点をチェックしておくべきなのか、そのポイントを解説してほしいです。

回答

環境や地形、境界などをチェックしましょう


まず、その土地の環境について調べるべきであり、たとえば面している道路にどのくらいの交通量があるのか、日中から夜にかけてどのくらいの騒音があるのかなどを調べておくと良いでしょう。
環境について調べる際には平日と休日の両方について調べておくべきであり、できれば朝と昼、夜でどのくらい雰囲気が変わるのかも調べておくと、実際に住んでみたときの不安を減らすことができるでしょう。
これらの情報は実際に現地を訪れてみないと分からないため、何度も現地にまで足を運び、その土地や周辺環境のことについて現地で情報を集めてみるべきであり、そうすることによって初めて分かることはたくさんあるのです。
案外見落としてしまうポイントとしては、ゴミ置き場がどこにあるのか、電柱はどの位置にあるのかなど細かな点であり、ほかにも自分が生活をしていく際に気になるポイントについて、現地に行ったときにすべてチェックしておくと良いでしょう。
さらに、その土地の地形についても確かめておくべきであり、たとえば周りに高い建物があると日当たりが悪くなってしまう可能性があり、実際に家を建てる際には部屋や窓の配置を工夫する必要があるため、現地に行ったときにはどのような地形になっていて、それぞれの方位にどんな建物があるのかまで含めてチェックします。
たとえば、近くに空き地がある場合には、将来そこに高いマンションが建てられてしまうようなケースも考えられるため、このように将来の発展のことも含めて確認しておくと安心できます。
また、土地は必ず境界が決まっていて、そこがどのような取り決めとなっているのかは重要な要素となり、境界については隣家の人としっかりと話し合いをして取り決めをしておかないと、後になってトラブルに発展してしまう可能性もあるので気をつけましょう。
また、隣家にある樹木や建物のひさし、堀などの問題も重要であり、これらが土地にまで越境しているケースや逆に購入予定の土地が隣に越境しているケースも考えられるため、境界の問題については十分に調べて、不動産業者の人とも打ち合わせておくと良いでしょう。
以上の点についてチェックしておけば、実際に家づくりに取り組んだときのトラブルを回避できます。

PageTop